人気男性シミ消し化粧品比較口コミサイト

30代、40代、50代男性シミ消し化粧品!実際につかってみて効果的な使いかたや本来の原因になる紫外線予防たるみの改善。部分的な目の下や頬っぺた、額などの気になるしわを無くす方法について紹介!手軽に取り入れれる肌荒れを対策!簡単男性美容法をまとます!

シミ種類は6つある!?美白化粧品で消せるシミを診断して自然な肌に!

f:id:asp0saito:20170215104348p:plain

 

シミって大きく分けてどのようどのくらいあるのかなーと気になってみたところ6種類もあって化粧品で消えないものなどもあるみたいです。

 

自分はどんなシミなのか原因を知ってから対策していないと悪化したりそもそも間違ったケアで効果が出ないといった結果になります。

 

 

具体的に見ていきたいと思います。

 

1、老人性色素斑が一番よくみるシミ

大体よく見るシミや一般的認識のあるものとしてこれに当てはまることが多いです。

 

紫外線の影響でできてしまい、最初の薄くできてほっといてしまうと濃くなってしまうということが起こります。さらに広がるといったことも起こるので気になりだいたら早急に対応したほうがいいでしょう。

 

薄い段階なら美白化粧品で効果が期待できます。

まずは試してみてどうしてもだめで気になるようでしたレーザー除去も手段として考えてみてはいかがでしょうか!

 

 

2、肝斑(肝斑)は30代や40代に多くみられるシミ

 

特徴としては目の下あたりに、左右対称でできます。

さらに女性の場合には生理不順、妊娠、避妊薬などの使用で発症することがあります。老人性色素斑と似ているため間違って認識している場合もあります。

 

レーザー治療での除去がきびしいです。治す方法は美白化粧品より内服薬のほうが効果が期待できます。

 

トラネキサム酸が含まれる内服薬を頻度に合わせて数か月服用することによって消えることが期待できます。

 

 

3、炎症性色素沈着は一時的にできるシミ

できる要因はニキビ、虫刺され、傷などです。

 

傷やケガなどをした際、炎症ができその周辺が一時的に濃くなってしまいます。

放置しても大丈夫なシミが多く自然と消える場合がおおいです。

ですが期間的に見ると長くかかってしまう特徴をもっています。

数か月から人によっては3年治るのかかったという方までいます。

対処法は美白化粧品で治すのを早めることができますが、ピーリングのほうがより良い効果が期待できます。

 

4、雀卵斑(じゃくらんはん)は遺伝的な要素が大きい

こちらも見かけることが多いと思います。一般的にはそばかすと呼ばれることが多いですね。そばかすと聞いてシミの分類になるの?と思う方いると思います、さらに治すのは難しいですが薄くしたりすることは可能です。

 

完璧になくしたいと思う方はレーザー治療がいいですね。

遺伝の要素が強いため再発することは頭に入れておいたほうがよさそうです。

 

 

5、脂漏性角化症は80代の方はほとんど現れるシミ早ければ20代も

 

別名老人いぼともいわれています。

でき始めは40代の方が多く60代では80%とと言われてます。

原因としては紫外線の影響が強いとされているのと老化による新陳代謝が原因です。

早めの対策で予防できるので日頃のスキンケアに怠っている方は注意が必要になります。

どのような物かは指でこすったときにぽろぽろと皮膚が剥がれる感覚があれば疑ったほうがいいです。大きさは直径で2、3ミリぐらいです。

 

レーザー治療が一般的とされています。

 

 

6、花弁状色素斑は背中にできる広い範囲に広がったシミ

花びらが広がったようなシミからこのような名前が付いたとされます。

リゾート関係で働いているかたによくみられるシミでもあります。

 

 通常のシミは表皮にできますがこちらは、真皮部分にまでダメージをおいます。そのため治りにシミとされています。

 

出来てしまってはシミが消えることが少ないのでレーザー治療が有効になります。